スポンサーサイト

  • 2016.12.11 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    100:扉(山本貴幸)

    • 2016.12.11 Sunday
    • 11:24

    100:扉(山本貴幸)
    感傷の風いれぬため訣別といふ名の回転扉くぐれり

    099:品(山本貴幸)

    • 2016.12.11 Sunday
    • 11:24

    099:品(山本貴幸)
    あなたからの商品券がはなむけになるとは、などと財布出すたび

    098:覆(山本貴幸)

    • 2016.12.11 Sunday
    • 11:23

    098:覆(山本貴幸)
    一面を枯葉が覆ふ道ゆけり死に臨むことの少なきわれら

    097:停(山本貴幸)

    • 2016.12.11 Sunday
    • 11:22

    097:停(山本貴幸)
    ひとつづつこなしてゆかむ先発の各駅停車の窓は夕景

    096:樽(山本貴幸)

    • 2016.12.11 Sunday
    • 11:21

    096:樽(山本貴幸)
    韻文の熟成をまつ詩人とはワイン樽をその身に抱くもの