連作短歌100首『未完のパズル』

  • 2014.02.10 Monday
  • 16:13
『未完のパズル』100首


51〜60


51.黎明のわかれぎは きみの声を背に夢遊病者でありたかりしを

 黎明(れいめい)

52.幾千の詩が白雪にそまるまで いつかのベリーメリークリスマス



53.師走晦日までに校了せむ こゝろ亡べばゆたけき我樂多文庫



54.返り点でかでかとつけ「文法がなつてない」赤を入れてやらうか



55.越えられぬ九月なりしかあかときの文字のかすれる原稿を見つ



56.ひとやすみの席にたまりし夕照を吸つてすつかり朱の差せる稿



57.街宣車が「雪やこんこ」と早うたふ霜月初旬ゲラまちのぞむ



58.韻文はいづくにあらむ夕さりの徐行列車のゆれ数へつつ



59.早鐘のごとく時計の鳴りにける夜は三十一の音つよかりき

 三十一(みそひと)

60.窓をうつ夜雨は夢のあとさきのやうに響けり 歌詠みふける

スポンサーサイト

  • 2018.05.08 Tuesday
  • 16:13
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック