連作短歌100首『未完のパズル』

  • 2014.02.10 Monday
  • 16:28
『未完のパズル』100首


61〜70


61.梟のためいきといふ二つ名をもちて眠りたし締切間近



62.韻文はなほ廻るらむ叢雨にしとど濡れたる歌集のにじみ



63.日の入りを憂へてゐるか珈琲の螺旋さかしまになぞる冬至日



64.そらからことばが降つてこぬ夜はそらの涙を聴きつつ眠る



65.この道のゆくへも知れず脚韻のひとつ欠けたるわれのソネット



66.マスオさんの驚くこゑのアラームで二度寝きめこむ月曜病

 月曜病(ブルーマンデー)

67.死してのち偉人となりし肖像にたれもが見えて晩冬のそら



68.夜明しにあまた理由あり 課題 娯楽 空腹 時はひとしく在らぬ



69.なりたいものになれたひとはどれほど 漱石忌まだ月は見えない



70.不可逆の風にさらされ果たし得ぬものの重さをはかるシーソー

スポンサーサイト

  • 2018.05.08 Tuesday
  • 16:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック