連作短歌100首『未完のパズル』

  • 2014.02.10 Monday
  • 17:02
『未完のパズル』100首


91〜100


91.一行のヴェルレーヌにも若かぬわがひと世に一輪パンジーを挿す



92.ささやかな詩でこそあれわれわれはみな行間の住人である

 詩(うた)

93.ぢき終はる時代の窓にありし日のこもれび乗せて揺るるぶらんこ



94.をりからの景を秘めたるわがこゝろなれば随想録と名づけよ



95.まうすこし鳩でゐようよ公園へゆく緑道にゆすがれながら



96.さいごに泣いたのはいつだらう わが森の最奥で深くふかく息する



97.ゆくゆくは詩溜まりとなる詠草の余白さやけし緑道をあゆむ



98.ぢきに陽は傘をこちらへ呉れるから僕らつかのま脚韻を踏まう



99.枠組のないみちをゆく影と影ながながし日の下わかつまで



100.それぞれの明日へむかふ銀杏並木のもときつときつとまた逢へるでせうね

スポンサーサイト

  • 2018.05.08 Tuesday
  • 17:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック