短歌点 投稿歌22

  • 2018.04.07 Saturday
  • 23:39

短歌点783△お題「膝」

流星は空の擦過傷その膝を抱えるころに逢いにゆきます
*擦過傷(さっかしょう)
短歌点781△お題「スプーン」
相づちの数だけ廻すスプーンの柄より充ちくる小春のひかり
*廻す(まわす)、柄(え)
短歌点782△お題「夕」
そちらへとせせらぎませう夕羽振るシャンディガフをひとくちもらふ
*夕羽振る(ゆうはふる)
短歌点789△お題「キャベツ」
風光る七曜表のようにめくる春キャベツなど君に和えます
短歌点788△お題「ピアス」
ピアス穴ふさがりつつある春の日をふあんとむゔあいぶれーしよんの降る
短歌点786△お題「頭」
透きとほる傘越しの空ほろほろと山頭火の句をくちずさみをり

スポンサーサイト

  • 2018.05.08 Tuesday
  • 23:39
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック